幅広い金融の知識を有する者、それがファイナンシャルプランナー

コメントは受け付けていません

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーと聞いて、具体的に内容を思い浮かべられる方は少ないのではないでしょうか。日本ではあまり馴染みのないファイナンシャルプランナーですが、そもそもこれを日本語に直訳してみると、資産運用のアドバイザーとなります。元来、日本国内での資産運用と言えば、多くの方が銀行への貯金と答えたと思います。しかし、ファイナンシャルプランナーは、貯金以外にも、株式等に代表される投資も含めて、将来に向けた資産の運用のアドバイスを行います。

将来のお金に関する不安を取り除く

ファイナンシャルプランナーは、現在から将来を見据えて、生活をする上で具体的にどれだけのお金が必要で、それに対して具体的なアドバイスをしなければなりません。つまり、ファイナンシャルプランナーには、金融に関する全ての知識が必要となるわけです。金融と一言で言っても、貯金や貯蓄、投資や保険商品まで非常に幅広くありますので、それを全て踏まえてうえでのアドバイスが必要となります。ファイナンシャルプランナーには、膨大な知識量が求められます。

ファイナンシャルプランナーの本場はアメリカ

ファイナンシャルプランナーには、金融に関する膨大な知識量が求められます。投資が盛んなアメリカにおいては、ファイナンシャルプランナーの社会的地位は非常に高く、弁護士をも上回るとも言われています。求められるスキルや知識量を考えると頷けますね。日本においては、そもそも資産運用があまり積極的に行われていませんので、これから資産運用が盛んになるにつれて必要とされる資格だといえます。ファイナンシャルプランナーに求められる知識は、知って得するものばかりですので、一度勉強することをお勧めします。

ファイナンシャルプランナーの講座を受ければ、ファイナンシャルプランナー試験に合格する確率は飛躍的にあがります。

作成者

ページトップへ戻る