登校拒否になっても、通信制高校でやり直せる!

コメントは受け付けていません

通信制高校とは何か?

通信制高校とは、3年間で学費10万円程度の単位制学校です。通信制高校のメリットは、学校に行く回数が週に2回程度で、あとはレポート等で単位を取得するところです。時間に縛られないという側面があり、何より生徒同士や先生との関係が近すぎず遠すぎないので、人間関係に悩みません。いじめや何かしらの原因で不登校になっても、通信制高校でやり直して高校を卒業することができた人もいます。通信制高校では、自分のペースで勉強できるのも魅力です。

同じ境遇の人たちが集まる

何かしらの理由で全日制の高校に通えない人にとって、通信制高校はとても通いやすいです。過去にいじめがあって不登校になってしまった人も、通信制高校に通っています。家庭の事情で学校を通えなくなった人が、働きながら通信制高校に通うというケースもあります。定時制の高校では夜間に毎日通っている人もいますが、通信制高校では週に2回程度通うだけで卒業できます。毎日登校することに大きな負担を感じてしまう人は、定時制より通信制高校に通うほうが卒業しやすいでしょう。

時間に余裕が生まれ、活発的に行動するきっかけになる

通信制高校では、週に2回程度通い、レポートをこなせばあとは自由に過ごせることができます。通信制高校に通っているうちに、自分のやりたいことが定まり、大学進学するために並行して受験勉強を始める人もいます。また、人とのつながりを持ちたくなり、新しい趣味やバイトを始めてコミュニティを広げる人もいます。通信制高校で自分を見つめ直し、空いている時間で好きなことやなりたい職業のために資格勉強を始めたりもします。高校を卒業する頃には、自信に満ちた人生が待っているかもしれません。

通信制高校の良さは高校卒業の学歴を得るだけではなく、様々な世代の人達と交流を持てることも魅力のひとつです。全員と同級生。幅広い交流で知見を広げてみませんか。

作成者

ページトップへ戻る