どうしよう、相続税の相談は専門の税理士へ

コメントは受け付けていません

専門の税理士に相談するのが安心です

親などがなくなったときに発生する相続税。相続税の申告は故人が亡くなってから10カ月以内に税務署に申告・納付を行わなければならない決まりがあります。人が亡くなって大変な時期ではありますが、早めに税理士へ相談することが大切でしょう。ただ税理士ならだれでもというわけではなく、相続税が専門の税理士に相談することが重要なポイントとなります。内科医に外科手術をお願いしないのと同じで、相続税専門に行っている税理士に相談しましょう。

相続税申告サービスの流れはこんな感じです

相続人が死亡すると同時に開始されるのが相続税の申告です。何やら面倒な手続きが多く、とても個人では対応できないと悩んでいる人も多いでしょう。ここは相続税が専門の税理士に相談して、相続税の悩みを解決してしまいましょう。一般的な相続税申告サービスの流れとしては、まず税理士に相談することから開始します。そして税理士事務所の方で、各種相続手続きの準備を行います。そして、税務署にいって相談者の相続税申告の代理を行ってくれます。まずは気軽に相談することから始めましょう。

相続税に強い税理士の選び方

相続税に申告が発生した場合、多くは相続税専門の税理士に相談するでしょう。でもどうやって税理士を選べばよいか、やはり重要なのが年間にどれだけ相続税申告を経験しているかが大きなポイントでしょう。中には年間数十件から数百件の申告を行っている税理士もいるようですが、それは極端な例で、年間10~20件程度担当している税理士でも経験は十分といえるでしょう。経験が豊富である場合とそうでない場合、納税負担に差が出ることもあるといわれており外せないポイントです。

相続税の税理士という税理士とはどういう税理士かと申しますと、相続コンサルタントと自らおっしゃっている税理士がいましたからそのような税理士ではと考えています。

作成者

ページトップへ戻る