自分の道を突き進め!高校を転校して人生を変える

コメントは受け付けていません

思い立ったら即行動!

中学の時からやりたいことが明確になっていれば問題ありませんが、多くの中学生は夢を探している状態にあります。なので、高校はとりあえず普通科に入学するというケースは非常に多いです。ただ、普通科に入学したは良いもののやりたいことが見つかったら転校を考えなければなりません。一生に一度しかない高校の三年間を消化不良で過ごすか否かではその後の人生が変わってきます。親の援助など周囲の協力は必要ですが、思い立ったらすぐに行動したいです。

ナーバスな理由で転校はNG

高校に入ったとしても、うまく会話ができず友人を作れなかったりすると一人ぼっちになります。更にからかわれるなどの問題が発生すると、転校したいという気持ちが湧きあがってきます。ただ、それが理由で転校しても意味がありません。なぜなら転校先でも同じようなことが起こる可能性があるからです。待ち受けている困難から逃げるのではなく、立ち向かって克服するという気概が無いと社会でも活躍できません。故にナーバスな理由での転校は避けたいです。

スポーツ関連での転校

個人競技のスポーツは別ですが、団体競技のスポーツをしている場合は自分はもちろん周囲の団結力も重要です。ただ、そこで周囲の人間やコーチのレベルが低く、成長できないと感じた場合は転校するのも一つの手です。特に実業団に入って活躍したいと考えている場合やプロになりたいと考えている場合はなおさらです。転校先で少しでも輝ける可能性を秘めているのであれば、行動したいです。人生をかけてスポーツをするのであれば、馴れ合いで終わる訳にはいきません。

家庭や本人の事情で高校を転校する場合、取得した単位をはっきりさせて、次の学校に提示できるようにしておきます。

作成者

ページトップへ戻る