資産の運用法ファンドや会社は慎重に選びましょうね。

コメントは受け付けていません

資産を守る方法は貯金だけじゃない?

資産の運用って言葉がありますね。きっとあまり馴染みのない方も多いですよね。リスク、という言葉も浮かびます。でも、とりあえず偏見を取り除いて考えてみたいと思います。資産運用にはふたつあります。皆さんよくご存知の「貯金」、あとは「投資」ですね。投資というのはリスクはあるけれども高い収益を目指すものです。リスク型商品といわれる商品で資産が運用されます。どうしても元本割れする危険があります。分散型の投資と長期投資が一般的です。ファンドなんて言葉もよく聞かれますね。ファンドというのは、もともとは資金や基金を指す言葉です。近年では、投資家が集めた資産を事業や資産の運用に活用して利益を分ける仕組みを指す言葉として使われることも多くなっています。

ファンドラップって何?

ファンドラップというものもあります。投資できるものが投資信託に限定される「ラップ口座」のことを主にいいます。ラップ口座とは、金融機関と契約して、金融商品への投資を金融機関に任せる「口座」、そして「そのサービス」のこともいいます。ラップって包むっていう意味もありますね。そのイメージでいくつかのファンド、つまりこの場合は投資信託を組み合わせて資産の運用をすることも表しています。投資信託とは、いろいろな投資家から資金を集めてひとつの基金をつくって、その基金を専門の管理者が運用し、その利益を配分する仕組みのことを指します。

資産の運用も様々ですね。

資産の運用にはいろいろな方法があることがわかりました。でも実際に運用をはじめる前に考えておかなければならないことがあります。例えば資産運用の目的です。それはもちろん資産を増やすためなのですが、資産を守るということも大切な目的です。そして、資産を運用することには常にリスクがつきまといます。そういうことをふまえて、自分の資産には自分が責任を持つ、それから、勉強して知識を増やす・自分なりの相場に対する見方を養成する・などといった能力の向上も必要です。資産運用の利益は必ず保証されているわけではありません。資金を出す側にも責任があるのです。ですから、資産の運用方法・ファンドや会社などはよく考えて慎重に選ぶことが重要です。「くれぐれも甘い言葉にはご用心」ですね。

資産管理を行いたいという方はファンドの会社を介して、投資信託を行うのがおすすめです。ローリスクタイプからハイリターンタイプのものまで多種多様なので趣向やライフプランに合わせて組み合わせ、選択できます。

作成者

ページトップへ戻る